高度な測定機器

工具の先端

spectrumanalyzerは、特定の電気信号に含有している周期信号や雑信号を周波数帯域毎に測定するための計測機器です。 spectrumanalyzerの特長としては、入力信号を計測機器に接続することだけで測定準備が完了します。あとは、どの程度の周波数領域において周期信号がどの程度の電圧比率で含まれているかを表示パネル等でリアルタイムで目視する事ができるようになります。 ただ、spectrumanalyzerは高額な測定機器のため実際に利用するためには短期レンタル契約や中長期リース契約を行なって借用することになります。 そのため個人で利用することができるように、パソコンを利用した簡易測定環境を構成するのも一案です。

現在のspectrumanalyzerは、ほとんどがデジタルシグナルプロセッサをもちいたデジタル信号処理技術によって信号測定を行なっています。 これは、従来のアナログ式信号処理やデジタル信号処理を論理回路を用いて構成する複雑な電子回路をもちいるよりも、はるかに簡素で高精度な信号処理を行う事ができるようになったためです。 アナログ回路は測定環境に大きく依存した測定結果となるため測定精度の安定性に欠けます。また電気回路が複雑になるためメンテナンス等の調整も非常に高度な技術が必要になります。 一方、デジタルシグナルプロセッサを用いた計測回路は、電子回路が非常に簡素に設計でき、測定結果も安定した結果がえられます。また、メンテナンス等は実行プログラムの修正等で行なえます。 今後は更に高速演算が可能なデジタルシグナルプロセッサの登場によってより高速で高精度な測定が実現できることが予測されます。