色んな部品
工具の先端

高度な測定機器

特定の周期信号を測定することができるspectrumanalyzerと呼ばれる測定機器は、購入以外にもレンタルで利用することが可能です。spectrumanalyzerは、今後もデジタルの進化によって高精度な測定ができるようになると言われています。

この記事の続きを読む

工事現場などで使用されるクレーンの点検をしませんか?安全に作動させるためにもおすすめですよ!日本全国対応してくれます!

たくさんの金属

緊急時に必要

地震が頻繁に発生する日本において、緊急地震速報受信機は必要不可欠なものとなっています。この受信機を利用することによって地震測定後の津波や噴火の報知もすることができます。

この記事の続きを読む

火花を出す2

鉄鋼を知る

モノを作るときに材料として使用されることの多い鉄鋼は、材料として使用する時には鉄鋼の疲労限度を超えないように注意する必要があります。非鉄金属の場合であれば、疲労強度に加えて時間強度も考える必要があります。

この記事の続きを読む

ヘルメットをかぶる女性

科学で利用する

理科の授業などで良く利用されていた顕微鏡は、肉眼で見えないものを見ることができるのであらゆる研究現場でも利用されています。最近ではナノレベルのウイルスまで見ることができるようになっています。

この記事の続きを読む

ワイヤーの重要性

ドリル

高所作業車のレンタルをお考えならこちらへ。ラフタークレーンの口コミをご紹介します。安心してレンタルできる会社が見つかります。

製造現場などで用いられるコンベアベルト製品がコチラにございます!設計から施工までしてくれるので、頼りになりますよ!

クレーンは定期的に点検をしなければなりません。定置式のクレーンでは吊り荷のワイヤーの部分の点検が重要です。ワイヤーは繰り返し使用すると摩耗しますから、まず目視で点検してから、必要に応じてレーザーなどで損耗の度合いを調べます。旋回をする装置の部分の点検も行わなければなりません。自走式のクレーンの場合には吊り荷の部分や旋回の部分は同様にすることに加えて自動車と同様の定期点検をしなければなりません。エンジンやバッテリーを調整することになります。また、自走式クレーンは作業をする時に安定させるために足を出しますのでその装置がスムーズに動くかどうかも調べておかなければなりません。いずれの場合も積み荷を吊り下げるフックの部分も重要です。

クレーンの点検は定期点検の他にも毎日行わなければなりません。作業を開始する前には必ずチェックリストに従ってすべての項目を確認してから作業に取り掛からなければいけません。作業が終了した際にも念のためワイヤーやフックの点検を行っておくことが重要です。終業時に行っておけば何かあった時に対応が出来ますから、翌日の作業に支障を来すことを事前に防ぐことが出来ます。クレーンの作業による事故は非常に危険ですから入念にやるにこしたことはありません。吊り荷を持ち上げている時には作業半径の中には入らないようにはなっていますが旋回しているので万一切れたりすると遠くに飛ぶことがあります。自走式では車が安定を欠いて転倒することもあります。いずれの場合も大事故に繋がりますので、毎日の点検が重要です。

安心してください!大きいガラパゴスフルイ機はメンテナンスもされているため、使用しやすく長期間使用することが出来ます。

研究室や実験室に必要なspectrum analyzerならコチラにございます!製品カタログもご覧いただけますよ!